赤い薔薇のSoliloquy-U

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の床の間

<<   作成日時 : 2005/10/29 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
【葉蘭の生花】
いけばなは、はらんに始まって、はらんに終る。
3枚、5枚、7枚、9枚、11枚、13枚、15枚のようにいける。
3枚、5枚、15枚がいけにくい、何枚いけようとも、葉の1枚1枚がはっきり見えるように扱い、それぞれの姿を変化させていけるものです。
通常は「葉蘭」
古くは「馬蘭」「馬耳蘭」
また葉の裏で蜘蛛が冬ごもりすることから、「蜘蛛抱蛋(ちしゅほうたん)」ともいわれました。
お祝いの席には用いない方が良い。
垂れ葉は1,2箇所に用いても良い。
枯葉は15枚で3枚、13枚で2枚11枚で1枚ぐらいの比率が適しています。
枯葉を3枚も使うときは、上、中、下と分け、さらに前後に分けて扱う必要があります。
釣、掛け花には用いない。

観葉植物 ザミア&パキボジューム観葉植物 ザミア&パキボジューム





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
今日の床の間 赤い薔薇のSoliloquy-U/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる